昨日、野党第一党の党首?枝野代表が「五輪の競技場で酒を出すとは本当に信じられない。飲食店の皆さんの間から暴動が起こるんじゃないか」とテレビで言い放った。これが衆参150人の烏合の衆トップ?らしい間抜けな発言である。「暴動が起こるんじゃないか」とまるで他人ごと。「エーッ!あ・ん・た政治家?」と言いたい。「我々野党の力不足で飲食店の皆様を窮地に追いやり申し訳けない!これが他国だったらとっくに暴動が起きている」と小学生でもいえるのに~い。泥臭い田舎芝居。野党の政党支持率は低迷しているのだが、立憲民主党の裸の王様枝野が「身勝手な解散・総選挙で論戦から逃げようとするなら、それこそ国民不在の政治の証明だ」と鼻息荒くリップサービスで茶番劇はそれで終わり。野党だけでも模擬国会でも実行しろよ!。国会で重要な審議を重ね通らなかった場合、野党議員が全員辞職することを宣言し、実行すれば、近代国家の日本史に残るよ!ただ飯を食っている野党よ!1回ぐらい命をかけて腐敗国家に鉄鎚を下せ!「エーッ!辞職!せっかく大金かけて当選したのに、国民のためになぜ、そんなの・・・無理無理!」と本音を吐くかも。税金を貪る白アリ軍団与党とそれにあやかりたい灰色軍団の卑しい野党の似非民主主義国家日本。政治家は富を得て太り、国民は税金を絞り取られ痩せ細る。こんな国は滅ぶ!そうでもないよ。だって、日本は平和だし、貧乏じゃない!と平和ボケ。あなた知っている!この八百長国会にかかる費用1日3億円であり、似非民主主義の必要経費とは1日1億5000万円に上るのだ。それに政党助成金は1日4億円も払っている。こんな田舎芝居は興味ない。たまに審議中に寝ている大物役者もいるんよ。それ余興だよ!国の借金は1110兆円!1人当たりの借金は約900万円だ。野党よ全部やめたら?五輪会場での飲酒問題でもコロナ禍でも政府の対応は場当たりてき。!特権階級のIOCや白アリ国会議員たちが、会場内で飲酒することを容認した。が、1日で一転し専門家の意見を考慮し中止にと、いつも責任を回避する発言。政府が独自に決断できる案件だろう。 実は、スポンサーのアサヒからの常識ある判断で辞退するとの提言があったからである。

近畿財務局の真面目な赤木さんが命をかけ、国民の信頼を裏切るような公文書改ざんを断固としてやるべきではないと518ページに及ぶファイルを残した。その衝撃的な内容とは、欲に溺れた狡猾な財務省理財局長佐川から国会答弁の決済文書を修正するように直接指示された事件である。驚くべきことは命をかけて社会正義を貫こうとした赤木さんが自死したにも拘わらずに、民主主義の根幹をぶち壊した佐川がご褒美の国税庁長官に栄転した恥ずべき国家である。佐川が少しでも人間性があるなら栄転は辞退しただろう。救われたのが彼の上司の発言である。厚顔無恥の官僚じゃないと出世は出来ないのが現状の官僚体質である。くしくも司法権がまるで機能しない日本国家が暴露されたことだ。もしも佐川が口封じの栄転ではなく仮に懲役10年の実刑判決を受けたとしたら全てを吐露しただろう。媚びる木っ端役人の佐川に加え、麻生財務相の答弁では誤魔化し、赤木ファイルの開示でも再調査を拒む人間性の欠片もない恥知らずである。やましいことがないのなら堂々と再調査をするのが国家の責任だ。が、麻生さんあんたも根っからの悪やのう!赤木さまのご冥福をお祈り致します。??見ざる??聞かざる??言わざるが無難とは!野党よ、本気で命をかけろ!

作家 獣医師 堺英一郎