菅原経済産業相、稲田防衛相、今村復興相、甘利経済再生担当相、松島法相、小渕経済産業相、鉢呂経済産業相、松本復興担当相、柳田法相、河井法相、吉川農相、桜田五輪相西川農水相、それと接待大好き政治家(高価な接待大歓迎)野田衆院議員、高市衆院議員凄いね日本与党大臣は競ってワルの越後屋を超えている。!ギネス世界記録に認定されても絶対にこの記録は破られないだろう!この腐った政治の傾向は嫌でも永久に続くのだ。その訳はケチな泥棒は逮捕されるが、為政者や閣僚、官僚が法を犯しても不起訴処分で逮捕されない不思議な国だからである。韓国が羨ましいネ!大統領でも不起訴処分にならない。恩赦はあるけどネ。それでも一応のけじめがある。偉い!日本の野党は寝ぼけているのか、一生懸命に与党のおこぼれにあやかりたい予備軍なのか、まるで存在感がない。では、なぜ!腐った与党を倒せないのか?

理由その1、羨望で涎をたらし、オレも大臣になりてえ、利権がほしい~い。

理由その2、税金泥棒といわれようと、楽して報酬さえもらえれば野党でも満足だああ。

理由その3、記憶がないと責任は問われない。何でも不起訴処分になる国家大好き。

理由その4,国会議員は世界でも高給取り、首相はアメリカの大統領より高給報酬。

日本の政治家は世界でもトップの報酬だが、国民は貧しく豊かさを知らない。為政者の概念に国民生活の安定および向上などはない。あるのは選挙だけ!現在、恐ろしいほどの勢いで貧困化が進むがどこ吹く風である。 他国では年々健全な国家経済発展のために知力を尽くし、社会経済全体のボトムアップを計る。が、日本では望めずに、負のスパイラルから脱却できない!すべての全責任は国民にあるが、すでに壊れた国は元に戻らない! 2021年度の日本の予算案を見てみよう。一般会計総額約106兆円のうち、主に社会保障、国債費、地方交付税交付金などに使われているが、末端に行くほど大金がどこにどれだけ流れているか誰も分からないいい加減な国家なのだ。その例は、東日本大震災の復興予算が、訳の分からない調査捕鯨、青少年の交流事業、遠くの沖縄県道路整備などに使われている。そこに賄賂や裏金が動いても誰も分からない国である。被災地から疑問の声が出ても誰も関知しない社会正義が欠落している日本国。政治家が密かに介入し利権を漁り、企業が懐を温める構図がある。国民は一向に富を得られないまま滅びて行く運命である。目覚めよ日本人なんちゃって!でも、残念だが、すでに遅し、なす術がない!スパイラルとはあがいても渦に巻き込ま浮き上がれないことである。最低時給900円だと騒いでいるが、30年前の時給とほとんど大差がない。テレビの経済評論家などは狡猾な偽善者であり、利権漁りの偉大な為政者たちだけがメチャ潤っている日本。世界の時流を鑑みても現在の日本の最低時給は1.660円ぐらいだろう。

 若者よ牛丼が¥387円で食べられる日本は嬉しいと思うだろう。が、原材料、人件費、会社運営費を考えたら利益は微量と分かるでしょう。同じ牛丼でもアメリカは人件費が高いから¥890円なのだ。ラーメンが¥700円だが欧米では¥1,700円だ。これが負のスパイラルで日本は永遠に給料が上がらない。アジア諸国で年収・時給ともに最下位(OECD加盟国内)なのだ。これは為政者の怠慢である。

作家 獣医師 堺英一郎